英語であいさつ

"英語を社内用語にする会社、いいと思います。

英語は結論から話すことができる言葉だし、日本語の遠まわしな言い回しを使うよりビジネスには向いていると思います。

しかし、英語が得意な人とあまり話せない人で、発言の量や回数に差ができてしまうかもしれませんね。
それがその会社の特質だと思えば、苦手とは言ってられないので、仕事のために英語を頑張ろうと思うだろうし、上手な人の英語を毎日聞いていることで、上達にもつながるでしょう。

英語圏の国に留学している人の中には、渡航先で日本人のともだちができても、勉強のためにわざと英語で会話している人もいます。
本人同士はいいのですが、事情を知らないほかの日本人が見ると不思議でおかしな光景だったりするようです。

英語を社内公用語にしている会社に、他の会社の人が訪れたら、これと同じ現象がおきてしまう可能性はありますよね。
恥ずかしがらず堂々としていること、流暢な英語を話すことで、乗り越えられるかもしれません。"