机上の勉強だけではなく、外へ踏み出すことが必要

"
私が日本の英語教育について思う事は、社会人になり大人の世代になったことにより見えてくる事が沢山あります。
あの時こうしていれば良かったですとか、こうすべきだったとか色々な思いがあります。

私自身の経験からも言える事ですが、日本の英語教育は本当に形式にとらわれた詰め込み教育のような気がします。
ずっと言われている事ですが、文法ばかり教えられて、結果「会話」というものを教わりません。

文法を知っている事が悪い事とは言いません。しかし、それは目的とバランスにもよります。

グローバル化が定番となった今では、英語力は必須。という事はしょっちゅうです。
子供たちが将来を見据えて、何を必要とするのか、そこに英語力が求められる時、文法が必要なのか、それとも
会話力が必要なのか、それに対応するだけの十分な教育環境、子供たちへの選択権がまだ十分でないような気がします。

例えば学校環境、私立・公立なのかで差が出るようでは、日本の英語教育の水準を上げるという意味では
意味がないと私は思います。

私立・公立問わず、平均化された、そしてグローバルスタンダードにのっとった英語教育への方向転換が
もっと必要だと思います。

それには、英語力は必須です。今の文法中心教育ではなく、生きた英語、英会話を習うことは必須だと思います。
私も学生時代、オーラルコミュニケーションの授業はありましたが、それはお世辞にも会話力を身につけるような
授業ではなく、ゲームの延長のような授業でした。

そのため、学校の外に勉強できる環境を求め、英会話力を身につけました。
外部に力を求めるようでは、日本の英語教育に未来はありません。

優秀な国際人を育成するのであれば、早い段階、中学生、高校生の段階から文法と英会話をバランスよく
教える事が必要だと私は思います。

私自身が歯がゆい思いをしたからこそ、これからの未来の学生には、意味のある身のある英語教育環境が与えられる事を
心から望みます。"