日本の英語教育について

"現在の日本の英語教育は正しいのでしょうか、それとも間違っているのでしょうか。
私が始めて英語を学校で勉強をし始めたときは中学校からでした。中学校での英語の教え方は文法用語をほとんど使わず、とにかく暗記ばかり強要される退屈な科目でいた。そのため私は英語の時間が来るとが苦痛で苦痛でどうしようもなく、そのため英語の成績も大変悪いものでした。しかし、高等学校に入学したとたんに英語教員は英文法用語を使い英語を説明するのです。そのため英語と言うものが単なる暗記を強要するものから、ある理論的な言語体系に思えてきてました。その時から私の英語観は一変して、英語と言う科目は数学や物理と同様に理屈で説明のつく知的体系に変化しました。
このような私の個人的な体験から、英語と言う科目を始めて習う時から暗記ばかり強要せず、方便とも言える英文法を理論的に教える英語教育をしたほうが短時間で英語の基礎を身につけることができると私は思います。"