日本の英語教育について思うこと

"日本の英語教育は、文法に拘り過ぎていて、本当に時間の浪費に思えてなりません。
我々が幼いころ、日本語を身につけるうえで、文法を気にしたことがありますか。
子供が拙い日本語を話していて、仮に文法がめちゃくちゃであろうと、
その言葉を聞いている大人たちが、自分の頭の中で正しい文法で組み立てて、理解してやればいいのです。
英語教育も同様です。
どれだけめちゃくちゃな文法の英語であって、英語を話せる人間が相手であれば、
相手が自らめちゃくちゃな文法を正しい形で理解してくれるのです。
それをロクに理解できていない段階から、文法を叩きこもうとするところに無理があります。
文法なんてものは、相手任せで良いのです。
そして、文法を学ぶのは、英語で多少コミュニケーションが取れるようになってからで良いのです。
現在はほとんどの人間が英語を必要としない人生を送っています。
文法を学ぶのは、真に英語を必要とする生活が始まってからでも遅くはないと思います。
むしろ、最初に文法から入る英語教育により、ほとんどの人間が英語に興味を無くした結果、
英語を必要としない生活を選択してしまったのだと思います。"