英語は単語と文法

"語学学習に近道や王道はありません。きちんと時間をかけて勉強しなければ、身につかないのが語学です。英語もその
とおりです。日本は中学・高校で英語は必修科目であり
ほぼ毎日授業があります。

これだけカリキュラムに組み込まれているのですから、学校教育における英語の占める時間は十分といっていいでしょう。
そして文法を中心に読解力と作文力を身につけさせる学習内容も間違っていないと考えます。

この6年間きちんと勉強した生徒はかなりの英語力を身につけているのがその証拠です。世界に進出している日本企業の
トップは口を揃えたように、英語は出来たほうがいいけれども
その前にきちんと論理的に自分の意見を述べられる知識と
教養のほうがより重要であると指摘しています。

流暢に英語を話せたり、発音がいいに越したことはありませんが、話す内容が一番重要だからです。したがって英語よりも
その人の知識や教養が外国人とコミュニケーションをとる
上で最重要ということです。

そのための英語に必要な能力は読解力と作文力です。
そしてそのためには単語と文法がしっかりしていることが
最重要です。したがって日本の現在の英語教育は間違ってないといえます。"