やる気があれば資格試験は合格できる

高校を卒業依頼、大人になって久しぶりの資格取得となった日商簿記3級。必要に駆られての取得だった。公共事業の用地取得の仕事をしていた私は、毎日仕事で地主さんと交渉する日々を過ごしていた。公共事業の補償では、消費税が補償できる場合と、出来ない場合があり、私は地主になぜ出来ないか聞かれ、きちんと説明できなかった事もあり、悔しい思いで、一から勉強し、結果事務所で一番消費税には詳しくなった。その事もあり、退職1年前は、補償積算部門に移動させられ、手腕をふるっていた。会社などの商売をされている建物を移転させる場合、営業補償が発生する。休止期間中の所得補償だ。補償をするには売上等の調査資料が必要で、それが間違いないかをチェックするには、売上や経費などがどのように成り立っているかという知識が必要だった。営業の基本はやはり簿記だろうという事で、その仕事するに当たり、わからない事が嫌だったので、簿記試験を受けることにした。一回目のチャレンジは、不合格。悔しい思いで、2度目にチャレンジ。2度目はギリギリの合格だった。やればなんでもできるんだなと、勉強嫌いな私ですら合格出来たので、誰でもやる気になれば出来ると思います。それが必要に駆られてだと尚更でしょうね。

割の良い派遣を千葉で見つけたい!