蛙の子は蛙

"私、30代の主婦です。小学生のころから教育熱心な母が英語教室に通わせ、中学高校時代は帰国子女がたくさん通う私立にてすごし、大学時代はESSに所属、就職後は英会話教室に通うなど、一貫して英会話ができるように努力してきました。しかし、就職後は毎日仕事におわせて英会話教室も途中で断念。本社勤務になればいずれは英語がいかせる仕事につける!という願いもかなわず結婚退職。結局どんどん英会話とは無縁になってしまいました。子供にも年長から英語教室に通わせましたが、送迎が苦痛になり2年間で断念。現在は自宅で通信教育教材をとっていますが、初めて2年たち、だんだんと学習する時間が少なくなっています。このままでは結局、なにも勉強してこなかった子達においつかれるのも時間の問題です。では、どうすればよいのか?数か月のホームステイですぐに身に付く、と考える方もいますが、やはり経済的に問題があります。どうにか毎日の生活に英語を浸透させたいと考えていますが、何をしてもつづかない。やはり蛙の子は蛙。孫の代まで永遠に同じ悩みを抱え続けることになりそうです。
"